• y*uki

地球と人の行き着く先







先日


僕が住んでいる


滋賀県の


琵琶湖で


大規模な掃除が行われました







掃除に参加してくださった方には


本当に頭が上がりません


ありがとうございました




↓↓びわこ湖底ゴミ回収大作戦

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd92443d6cc38d3552883dec0a1a6842fc6806f3







掃除している中で


湖底から回収されたのは


食品の袋やレジャーシート


農作業で使うプラスチック製の波板など


計313㎏(昨年322㎏)だったそうです







そして重い流木などを除けば


約9割がプラスチック製品だったそうです







人が増え


生活が便利になるとともに


ゴミの量も増えていきます







しかし


プラスチック製品などは


自然のものではないため


分解ができずに


湖底や地中に


多く堆積しているのでしょう







人も


地球という


家を貸していただいている身です







その中で


最低限の生活マナーは


守っていかないと


地球に本当に失礼だなぁと


とても考えさせられる記事でした







その中でも


特に印象に残ったのが


掃除に参加してくださった


釣り好きの高校生の方のコメントでした







「水面はキレイなのに底にゴミがあり

“見えない恐怖“みたいなものを感じた

来年もまたやりたい」







と話して下さっていました







この言葉に


とても共感を得ました







ゴミや化学物質は


湖底に沈殿するので


汚れた湖も


しばらくすれば


澄んだように見えてきます







しかし


目に見えない


水面下では


どんどんとゴミは増え


水質汚染は進んでいるのです







そして台風や


湖が荒れた時などに







沈殿していた


ゴミや化学物質が


水中に舞うことで


ものすごく濁った湖を


目の当たりにすることになります







これは


決して


他人事ではなく







自身の身体にも


同じようなことが言えると思います








少し話は変わりますが







この世界は


“フラクタル構造”


できていると言われています







フラクタル構造とは


「部分が全体に相似している構造」


のことを言います







どういうことかと言うと


大きなものも小さなものも


小さい一つの構造が集まって


同じ形の大きな構造を


作り出しているということです







はい


意味わからなくなったと思います(笑








ではこの画像を見てください







これを見てもらうと


わかりやすいかなと思いますが


大きな三角形は


実は小さな三角形から


できていて







その構造は大小は違えど


同じ形なのです







次は自然界にあるもので


見てみましょう







これは


有名ですが


ロマネスコという植物です







このロマネスコをよく見てもらうと


形がドリル状になっていますが


小さな突起の部分も


同じドリル状の形になっています







似たようなものでいくと


ブロッコリーも同じような感じですよね







これも見てください








川を上空から見たものです


何かに似ていると思いませんか?






そう


血管とそっくりですよね








次にこれ





これは肺の血管です







次にこの図を見てください








肺の形にも見えるし


木にも見えませんか?







このように


この世界の構造は


小さなものから


大きなものまで


同じ構造でできているのです







実は


この世界は


全てがこのように成り立っている


ということがわかっており


それを“フラクタル構造“といいます







自然と繋がっているとか


宇宙と繋がっている


なんて言ったりしますが


この構造のことを知っていれば







全てが


同じ構造でできているので


何となく繋がっている


ということがわかります







一は全


全は一なのです







これは


自然の法則であり


この世界の法則です







スピリチュアルでは


相手は自分だとか


全ては自分なんてことも言いますが







全て同じ構造でできていて


繋がっているということを


知っていれば


日々に起こる出来事の


捉え方も少し変わってきます







この画像を見てください








これは街を上からみた画像ですが


これも血管とそっくりではないでしょうか?







最近では


人口も増えたし車が増えたこともありますが


よく道が混んでいることがあります







車で走っていて


渋滞につかまった時に思うことは







身体の血液が


ちゃんと循環してない人が


多い世の中なのだから







道路や川といった


“地球規模の血管”


循環が悪くなっているのも当然だなと(笑







そういう意味では







一人一人の身体が


整っていくということは







地球レベルで


何かしら


良い影響が出るのだろうな〜と


何となくいつも思っています







そのために


施術を行う道を選んだわけですが(笑








時々


スピリチュアルで


フワフワしすぎた人が


みんなで地球をヒーリングしましょう!







とかやってるのを


見かけたりしますが







いや、


現実逃避してないで







目の前の人(現実)もしくは


自分自身を


ちゃんと診てあげたら?


って思ってしまいます(笑







人なんて


自然の一部分でしかないし


そんな大それたものではないのですから(笑







マイケルジャクソンも


こう言っていました







「ひとりひとりの意識が変わって

ある臨界点を越えたときに

世界は変わるんだ」







一人一人が


ちゃんと整っていく







その


小さな積み重ねが


結果的に


地球に良い影響を与えるのかもしれません







もっと


自分を知り


自分の存在を認め







小さな自分にできることを


目の前のことを







少しづつ


やっていこうと


思わされた記事でした














ps:

お問い合わせ、メッセージにはしっかりと返信しておりますので何日待っても届かないという場合は迷惑メール設定になっており返信メールが届いていない可能性があります

お手数ですが設定を解除していただき、再度お問い合わせフォームよりご連絡下さい













最新記事

すべて表示