• y*uki

健康の”先”にあるもの







昨今では


「健康」ブームが


広まりつつあり







色々な分野で


「健康」についての話を


聞くようになりました







みなさんにとっても


「健康」という言葉は


身近なものに


なってきたのではないでしょうか?







みなさんが考える


「健康」とは


一体どういうものでしょう?






・病気じゃないこと

・元気に生活できていること

・病院での検査の値がいいこと

・風邪や体調不良にならないこと







色々あるとは思いますが


このような考え方が


一般的ではないでしょうか






ここで僕が思うのは


いつの間にか







「健康=病気じゃない」


「病気じゃない=健康」







になっていませんか?


ということです









ここで少しWHOの”健康の定義”を見てみましょう







Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. 


健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいう(日本WHO協会訳)







つまり


病気、体調不良のあるないに関わらず


楽しく満たされた生活を送ることができれば


それは「健康」だと定義されています







これには少しビックリされる方も


いるのではないでしょうか?







僕も昔は


「健康=病気じゃないこと」


と思い込んでいました







というのも


残念なことに







医療の専門分野では


当たり前のように


「健康=病気じゃないこと」と習います







それはもう優等生(笑


だった僕はそういうものだと思い込んでいました









世間の風潮的にも


いつの間にか


健康(病気や症状がなくなる)になることが目的


なってしまっている人が多いです








これでは


手段(健康)が目的(健康)になってしまっています







結局のところ


健康な身体(病気や症状がなくなる)になってどうすんの?


って話なんです







自分が本当にやりたいこと


楽しいことをするために


病気や症状が


何かしらの制限になっている場合


それを少しでも改善することは大切です







でも


いつの間にか


「健康」だけを追い求めるように


なってはいませんか?







健康になって


あなたがしたい事は何ですか?


どんなふうに


一度きりの人生を


生きてみたいのですか?







だから


本当に大切なのは


「健康な身体」の先にある目的です







そのための


手段(健康な身体)で目的(自分らしく生きること)


ではないでしょうか














最新記事

すべて表示