• y*uki

身体は”生命の集合住宅”







僕たち


人という生き物は


一つの意識


もしくは


一つの魂の存在だと思ってないでしょうか?







実は


僕たちの


身体の中には


たくさんの生き物が住んでいて


一緒に生活しているのです







いわば


集合住宅であり


シェアハウスのようなものです







例えば


身体の中でエネルギーを


生み出すために必要な


”ミトコンドリア”







これは


単細胞生物で


単一の生命ですが







人が生きていく上で


必要だったからこそ


身体の中に取り入れるようにしたのです







他の生命としては


腸内細菌は言わずもがな


腸で消化吸収を行うために


必要な存在たちです







僕たちは


ついつい


人というのは


”単一の存在”だと思いがちなのですが







たくさんの


生命の集合体であり


集合意識なんです







そして


身体というのは


たくさんの生命体が


生活する”家”なのです










居心地の悪い家だと


気分が悪いし


イライラしちゃいますよね







自分の気分が悪くなったり


気分が安定しないときは


家の環境(身体の環境)が悪くて


住人たちがクレームを言ってきてるのかもね(笑







だから


腸活とか


腸の環境(身体の一部分)を整えるだけでも







腸内細菌達の


居心地が良くなって


イライラが収まったり


感情が前向きになったりするのです







そして


昨今


世間を騒がせている


”ウイルス”


当然生きています







人の身体にも


39種類くらい常在していて


人の生命を支えてくれています







人の身体というのは


実は8割くらいが


ウイルス由来の構造と言われているので







僕たちは


そもそも


ウイルスと共存しなければ


生きていくことはできません






  

例えば


子宮の胎盤形成に


必須の遺伝子の一つに


ウイルス由来のものがあり







胎盤の機能を進化させる上で


重要な役割を果たしていて


その遺伝子がなければ


胎盤は正常に作れなかったりします







人の


身体を構成し


生命の営みを


続けていくということにおいて







この小さな生命たちは


欠かせない存在なのです







この世界に存在するものは


すべて必要なものだから存在しています







すべてが


必要な


自然の歯車の一部だからです







短絡的な


人間視点のエゴで


何かを悪者と決めつけたり


何かを排除しようとすることは







自然の流れと


自然の営みに反した


最も愚かな行為なのかもしれませんね







必要のないものは


淘汰されていく







これが


自然の流れであり


この世界の法則です







そして


これは


僕たち


人という生き物も例外ではありません







自然の流れから


逸脱してしまい


自然の歯車としての役割を


果たせなくなったのなら







自然は


容赦なく







そして


愛ゆえに


その決断を下すのでしょう







僕たちは


いつだって


一人では生きてはいけません







この世界に存在する


すべての命と


”運命共同体”なのです







何かを排除したり


否定したりするのではなく







一つ一つの存在が


互いに尊重し合い


”共に生きる”


という意識を持って


生きていくことができれば







この世界は


調和して


もっと良い循環が


生まれてくるのです
















※公式ラインはこちら☆  メルマガみたいな感じで  色々な情報をお伝えしています

よかったら登録してね〜✨










最新記事

すべて表示