• y*uki

腰椎椎間板ヘルニアの真実?






腰椎椎間板ヘルニア


一度は聞いたことあるくらい


有名な症状かと思います







病態としては


腰椎の椎間板というものが


変性を起こし


神経側に飛び出すことで


神経を圧迫してしまい







腰や足に痺れや痛みなどの


神経症状が出てくる疾患です








好発部位は

 

腰椎4番〜5番の間

 

腰椎5番〜仙骨の間







人口の約1%が羅患していると言われており


症状がなくても76%の人に


MRI上のヘルニアが認められるらしいです(笑







今の医学的に原因を調べてみると


・加齢による椎間板の老化

・椎間板は曲がったりひねる動作に弱いため

重いものを持ち上げたり身体をひねる動作が

引き金となる

・体重が重いから







みたいな感じで出てくると思います







では


若くて痩せていて


あまり運動しないような人でも


椎間板ヘルニアになる時があるけど


どう説明してくれるのでしょうか?(笑







そして


この理論だけでいくと


人口の半分くらい


椎間板ヘルニアになる気がするのは


僕だけでしょうか・・・(笑







ということで


今日は


椎間板ヘルニアの原因について


僕なりの解釈を書かせて頂こうかと思います







難しいことを書いても


読む気がなくなるだけだと思うので


できるだけ簡単に書いていきます(笑







まず


腰椎というものは全部で5つあります


上から順番に


L1、L2、L3、L4、L5と言います


Lは腰椎の略称です








基本的に


椎間板ヘルニアは


L4、L5の間とL5とS1(仙骨)の間に


多く起きやすいと言われています(約80%)







なぜこの2つの椎間の間で


問題が起きやすいのでしょうか?







その答えを


導き出すために


腰椎に関係する


構造について少し紹介しましょう







まず最初に伝えておくことは


L4、L5の椎間はもともと


運動能力が高くて


安定性が低い構造であるということです







基本的に


身体を捻ったり


前屈みになったりする時には


ほとんどL4、L5の腰椎とS1の仙骨が動いて


その他のL1〜L3までの


腰椎はサポート程度にしか動きません







どういうことかというと


L5の椎体には


大きな組織の付着がありませんが


L1〜L4までの椎体には


横隔膜、腸(腸間膜)、大腰筋、内臓などの


組織が付着しているのです








そのため


L1〜L4の椎体は


内側の組織の付着により


支えられて安定性が向上しています








つまり


安定性があるので


身体を支えるような働きは得意ですが


腰を捻ったり曲げたりする動作は苦手なのです







例えで書くと


身体を捻ったり曲げたりするときに


L1〜L4までの椎間で約30%


L4〜S1までの椎間で約70%


くらいの割合で動いているのです







しかし


この構造に


落とし穴があります(笑







L1〜L3には安定性があって


良いなぁと思うかもしれませんが







これは諸刃の剣にもなります







どういうことかと言うと


L1〜L3の椎体に


付着している内側の組織が


何かしらの理由で


固くなったり歪んだり


構造の位置がズレてしまうと







今度はL1〜L3の椎体を


過剰に引っ張ることになり


本来働くべき動きでさえできなくなります







つまり


先ほど書いた






本来


身体を捻ったり曲げたりするときに


L1〜L4までの椎間で約30%


L4〜S1までの椎間で約70%


くらいの割合で動いているものが







L1〜L4までの椎間で0%


L4〜S1までの椎間で100%


くらいの割合になってしまうかもしれません







この状態で


動き続ければ


L4〜S1はオーバーワークとなり


椎間への圧力も強くなり


いつかは破綻してしまいます







そして


L4〜S1の椎体が


頑張りすぎて


破綻した結果







椎間板が破れて滑り


腰椎の神経根を圧迫することで


椎間板ヘルニアとなるのです








さらに


身体のために


頑張って働いてくれた


L4〜S1の椎体は


“スベった椎間板”と言われ







今の医学では


“悪者扱い“されるのです


何と救われないL4〜S1の椎体(笑







さらに


椎間板ヘルニアの手術についてですが


この“悪者扱い”のL4〜S1の椎体を


動かないようにプレートで固定するのです







もうここまで読んでいる方は


わかると思うのですが







L4〜S1の椎体は


他の椎体の動きまで


代わりにやってくれていた


一番働き者の椎体です







その


唯一働くことのできる


L4〜S1の椎体を固定するのです・・・







どうなるか


もうわかりますよね?








ちなみに


椎間板ヘルニアの


再発率は


5年で15%程度とかなり多いです







再発箇所は


プレートで固定した


椎体の一つ上側の椎間で起きるのが


ほとんどだそうです







つまり


冤罪でL4〜L5までの椎体が


プレートで固定されたとすれば


身体をひねる動作や曲げる動作の時に


動ける椎体がなくなります







そうなると固定されていない


椎体で何とかして


頑張るしかありません






その矛先が


L3とL4の椎間


なってくるということなのです






そして


今度は


L3、L4の椎体が


滑ってしまい


神経根を圧迫し始めるのです






というように


構造を知ることで


理論がわかってしまえば


問題点がちゃんと見えてきます







問題点は


滑ってしまった椎間板ではなく


L1~L3の椎体に付着し


L1~L3の椎体の動きを


制限していた







内側の組織である


横隔膜、腸(腸間膜)、大腰筋、内臓などが


固くなったり歪んだり


位置がずれていたことにあります








なので


アプローチすべきは


L4、L5の椎間板ではなく







L1~L3の椎体の制限していた


内側の組織を緩めて


本来の位置に戻していくことで


L4、L5の椎間の負担がなくなります







なので


すべてがそうとは言えませんが


正直なところ


腰椎椎間板ヘルニアは


内臓からの問題がほとんどです







ただ


症状がきつく


かなり大きな神経損傷が


起きてしまっている場合は


もちろん手術が最適のケースもあります







手術がすべて上手くいく


というわけでもありません


手術後にいい結果が得られなかったという


整形の問題を抱えた方もたくさん診てきました







ただ


手術をする前に


身体にとってより自然な方法を


試すということも


一つの選択肢かもしれません







結局


手術をしようがしまいが







最後は


自分の身体の中にある


自己治癒力”で治していくしか


方法はありません







症状というものを


一つとってみると


このような考え方に


なるかもしれませんが







身体全身をトータルに診ることで


身体の構造を整え


身体のバランスを整えていくことで







自分の自然の力である


”自己治癒力”を上げるという考え方


持っていただけるといいのかもしれません













ps:

お問い合わせ、メッセージにはしっかりと返信しておりますので何日待っても届かないという場合は迷惑メール設定になっており返信メールが届いていない可能性があります

お手数ですが設定を解除していただき、再度お問い合わせフォームよりご連絡下さい










最新記事

すべて表示