• y*uki

神の神器『マスク』について







ここ最近


巷ではマスクが流行っています


通行人はみんな着けてますね







時には


鬼滅の刃柄のマスク着けてる人もいて


「イカしてる!!」


とか思うことも時々ありますが







お店とか行っても


「マスクないと入店できません」


と言われたりすることもしばしばなので


余程の人気と思われます(笑







なので


僕も流行りに乗って行こう!


ということで







今日は


みんな大好き


感染予防のための


神の神器『マスク』


について書いていこうと思います







さて


マスクについてですが


最初に結論を言っておくと







全く感染予防にはなりません(笑







唯一ある効果としては


咳やくしゃみなどによる


“飛沫を防ぐ”ということですが







マスクには


余裕で顔との間に隙間があるので


もちろん


だだ漏れまくりです(笑







マスク着けないよりかは


1ミリくらいはマシかもしれませんが


飛沫を撒き散らしていることには


変わりはありません







咳やくしゃみをしている人は


着けることで微量くらいは


飛沫を防げるかもしれませんが







問題は


何の症状もない人が


マスクをつけることによる弊害です








そもそも感染をしていない人が


マスクをつけることには


何の意味もありません







だって


マスクしてても


息吸えますよね?







隙間がだだ開きなので


マスクしてても


普通にウイルスとかも吸い込みます(笑







花粉症の人がいい例ですよね


花粉症の人がマスクしても


全然効果ないですよね?







それは


普通に隙間から


花粉が入ってきているからです







本気で


感染対策として


何も吸い込みたくないのなら


ガスマスク防塵マスクでも


つけないと何の意味もないです(笑







意味がないだけなら


まだいいのですが


実はマスクをすることで


ある問題が出てきます








それは


息苦しいために呼吸が


“口呼吸”になってしまうということです







人というのは


そもそも呼吸は


『鼻』で行うように作られています







口は補助的な呼吸器官なのです


というのも口は胃や腸といった


消化器官の延長なので


呼吸に対する免疫機構があまり整っていません







鼻の中は常に加湿されており


免疫機構が多く存在しているため


息で吸い込んだウイルスなども


ここでシャットアウトすることができます







しかし


口で呼吸するということは


先ほども書いたように


消化器官の延長なので


ダイレクトに胃や腸といった


消化器官にウイルスなどが入り込むことになります







胃や腸にも免疫機構はありますが


鼻の中ほどは強くなく


そもそも身体の中心部に


異物が入り込むということはあまり良くはありません







さらに胃や腸の機能が落ちていて


常に炎症しているような人は


リーキーガット症候群といって


腸壁の網目が広がってしまうことで


毒素やウイルスといった異物が


血液中に流れ込んでしまうこともあります


(アレルギー症状の主な原因と言われている)







そうなれば


身体中に毒素やウイルスが


回ってしまうことはもうわかると思います








さらに口呼吸になることで


呼吸が浅くなりますので


横隔膜の動きも少なくなってくるため


自律神経の働きも低下してきます







そうなれば


消化器系はもちろん


内臓系の働きが落ちてくるので


自己治癒力が低下し







寝つきにくくなったり


疲れやすくなったり


イライラしたり


痛みが出たりなどの


諸症状も出てきます







さらにさらに


僕たち人は


約21%の酸素濃度の空気を


吸い込んで生活していますが


吐く息は約15%の濃度の空気を吐いているそうです







通常約16%の酸素濃度の


空気を吸い始めると


『酸欠』の自覚症状が出てくるそうですが







マスク内では


酸素濃度はかなり低くなるはずなので


酸欠に近い状態になると思います







ちなみに


脳は『酸素』『糖質』で動いているので


脳の働きは当然低下します







そのため


集中力の低下や


意欲低下


認知機能の低下


感情の乱れ


ホルモンバランスの崩れ


なども当然出てくると思います







そして呼吸というのは


新鮮な空気を取り込み


有害な毒素を吐いて出すという







いわゆる


ガス交換によるデトックスを行っているので







自身の吐いた空気を


また吸い込むということは


せっかく出した


毒素をまた身体の中に


取り込んでいるのと同じです(笑








つまり


マスクを着けるということは


大袈裟に言うと







自ら身体の構造を崩して


自ら免疫力を下げて


自己治癒力を落とし


取り込んだ毒素を逃さないように


再度身体の中に取り入れて


回していくという


負の永久機関の誕生です(笑







個人的には


マスクは


“百害あって一利あり“


くらいかな?と思っています(笑







世の中では


メディアで色々なことが言われていますが


それを鵜呑みにしてもあまりいいことはありません







ほとんどの都合が悪い情報は


メデイアでは喋りませんし


情報がねじ曲げられていることもあります







今の時代はインターネットや


色々な情報媒体があるので







自分が


“腑に落ちる情報“


ちゃんと探していく


ということが大切です







この“腑に落ちる“ということが


とても大切です







今日僕が書いたことが


“正解”ではありません







人それぞれによって


“正解”というのは違います


それはただの“嗜好”の違いです







なので


自分が腑に落ちて


納得がいく情報を調べて







自分が


“心地がいいと思う選択ができる“


ということが何より大切なことです







だから


マスクなんか


着けても着けなくても


どっちでもいいということです







意見の押し付けは


正義の押し付けです







ただの“偽善“であり


“独善“になってしまうので


時には周りの人や環境に合わせる


ということも大切です







なので


あまり“独善”には走らずに







どちらの方が


自分は好みか?


という嗜好の違いで


独善を押し付け合うのではなく


“住み分ける”というくらいの感覚を持って


日々の生活を送っていけると


あまりストレスもかからないのかな?


という風に思います(笑







最後は


自分で責任を持って


選択しないといけません







その時には


自分に嘘は付かずに


“気持ちの良い選択“ができるといいですよね







💡💡こちらの記事も合わせて読んで頂くと

わかりやすいかもしれません


↓↓ウイルスは本当に悪いもの?

https://www.osteopathy-tsumugi.com/post/ウイルス-は本当に悪いもの?












ps:

お問い合わせ、メッセージにはしっかりと返信しておりますので何日待っても届かないという場合は迷惑メール設定になっており返信メールが届いていない可能性があります

お手数ですが設定を解除していただき、再度お問い合わせフォームよりご連絡下さい







最新記事

すべて表示

からだ施術院 紡-つむぎ-をフォローしてください!

  • Facebook - White Circle

​滋賀県 京都 大阪 近畿 関西 守山 大津 オステオパシー クラニオセイクラル 整体院 ヒーリング カイロプラクティック 治療院 クリニック 自然医学 自己治癒力 オステオパシー

​© by からだ施術院 紡