• y*uki

人の身体は〇〇発電で動いている








人の身体が


電気信号で動いている


ということは


何となく知っている方も多いと思います






では


その電気をどうやって


生み出しているのかをご存じでしょうか?







本日は


人体の発電システムについてのお話しです







少し


小難しい話かもしれませんが


できるだけ


わかりやすく書いていきますね







まず


僕たち


人という生命体には電気が流れています






どうして


心臓が


毎日ドクドクと動くかと言えば


乾電池の10分の1~100分の1程度の


電気が流れているからなのです







心電図という


言葉を聞いたことがあると思いますが


あの装置は


心臓の電流を測っているのです







つまり


心臓の電流が無くなれば


鼓動が止まって


僕たちは死んでしまいます







そのほかにも


脳みそも電気で動いているし


筋肉も電気で動かしています










そんな


僕たちの生命にも


必要不可欠な電気は


どうして生み出されているのかというと







細胞膜の


プロトン勾配によって生じる電位差が


プロトンを起電力として生み出しているのです









はい


どういうことか


ちゃんと説明するので


ブログを閉じないでください(笑







簡単にまとめると


細胞の内側と外側は


それぞれ”液体”で満たされていて







細胞の内側の電位は


外側と比べると


80mV程度小さく保たれています







細胞が刺激を受けると


細胞の膜が開いて


外側の液体が細胞内に入ってくることで


細胞膜の電位がプラスに上がっていきます







そうなると


今度は電位が上がりすぎないように


細胞膜の開閉をコントロールして


細胞内が+40mVくらいになると


液体の流入が止まるというような仕組みになっています







そして


電位が高いままでは


信号にならないので


今度は通常の電位の状態に戻るために


逆の動作を行っていく・・・







そんな感じのことが


細胞が刺激を受けたときに


瞬時に行われているのです







説明すると


小難しくなりますが







簡単に言えば


細胞膜の扉を開閉することで


内外の液体を出入りさせて


電気を生み出しているくらいに


認識しておいてもらったらいいかと思います









ちょっと


豆知識をお伝えしておくと


フグには毒がある


というのは皆さん知っていると思いますが







フグの毒というのは


この細胞膜の扉を


閉めたままにしてしまうのです







サソリの毒は


逆に細胞膜の扉を


開けっぱなしにしてしまうらしいです







その結果


電気信号がちゃんと生み出せずに


死んでしまうということに繋がるんですね







つまり


生きていく上で


身体の電気というのは


とても大事だし







細胞膜の扉が


ちゃんと働くということ







身体の中に


水分がある


ということが何よりも大切になってきます







なので


水分はしっかりと


摂取しておくことをおススメします







人は


水力発電で生きているのですから







そして


細胞膜が歪んで


扉の開閉がおかしくなってしまわないように







日頃から


身体の構造の歪みも


ちゃんとケアしておくことをおススメします


















※公式ラインはこちら☆  メルマガみたいな感じで  色々な情報をお伝えしています

よかったら登録してね〜✨

















#オステオパシー #整体 #ホメオパシー #カイロプラクティック #自己治癒力 #自然治癒力 #量子力学 #滋賀県 #関西 #近畿

最新記事

すべて表示