• y*uki

アクアリウムから学ぶ、菌との共生の大切さ。【腸内環境について】








皆さん


こんにちは


久しぶりのブログ投稿です(笑







お陰様で


施術にセミナーに


忙しくさせていただいております







その中でも


ここ最近


一番大変だったことは







新規水槽の立ち上げでした(笑







実は


僕の趣味の一つに


”アクアリウム”もあるんですよ








最近新しく


水槽セットを買ったので







その水槽を


立ち上げておりました

(立ち上げ作業って結構気を遣うんです笑)






↑現在こんな感じです(魚はこれから)







大体


アクアリウムと聞くと







皆さんは


水槽の中で


綺麗な魚を飼うってイメージかと思いますが







実は


魚を飼うというイメージで


アクアリウムを行うと


大体失敗します(笑







というのも


魚を飼うということは







その魚は


当然ですが


排泄物を出しますよね







その排泄物が溜まると


水がどんどんと汚れていきます







水が汚れるだけなら


まだいいのですが







その排泄物には


アンモニアという


有毒物質が含まれているので







水槽の中に


アンモニアが充満すると







その中にいる魚たちは


すぐに死んでしまいます










なので


そのアンモニアなどの


有害物質を除去していく必要があります







その一つの方法に


水換えというものがありますが







ただ


何回も何回も


水替えばかりしていると大変なんですよね(笑







しかも


魚にとっても


コロコロと水が変わるのは


ストレスになったり


弱ったりする原因になります







そこで


できるだけ


水替えをしなくても


綺麗な水槽を保てるようにするために







水槽の中で


ある細菌達(微生物)を育てていくのです







それを


アクアリウム用語では


”バクテリアを育てる”と言います










このバクテリアには


たくさんの種類があるのですが







この中でも


大切な2種類の菌がいて







それが


”硝化菌”


”有機物分解菌”です







簡単に


自然の流れを説明すると







まず


魚が排泄したうんちなどを


有機物分解菌がアンモニアに分解します







そして


分解されたアンモニアや


おしっこに含まれるアンモニアを







硝化菌が


アンモニア→亜硝酸→硝酸という


より毒性の低い物質へと分解していきます







この目には見えない


バクテリアたちが


水槽内に発生した有毒な物質を


無害な物質へと分解していってくれるのです







なので


綺麗な水槽状態を保ったり


水槽の中の生き物が死なずに済んでいるのです







つまり


水槽の中で


魚を飼おうと思うのなら


このバクテリアが居なければ







大体上手くいかなかったり


汚い水槽になってしまいます







ちなみに


バクテリアがちゃんと育っていて







バランスの取れた


良い水槽の水は


”ピカピカ”に輝いて見えます










なので


アクアリウムというのは


魚を飼うのが目的ではあるものの







一番大切に


育てなければいけないのは


バクテリアなので







”バクテリウム”であるとも言えるのです(笑







バクテリアは


目には見えないので







あんまり


育てるって


イメージがわかないかもしれないですけどね(笑







バクテリア(菌)が


上手く育てられていなかったり


あまり良くない菌(悪玉菌)


増えすぎている水槽では







大体こんな感じで


水が白濁りしてしまったり


水槽の水が臭かったりします










取ってきたザリガニの


飼育ケースの水が


濁っていたり臭かったりしたのは


バクテリアがいないからだったんですね(笑







なので


水槽のなかで


いかに必要な菌(善玉菌)を育てて


善玉菌を優勢にして数を増やしていくのか?







という所が


アクアリウムでの


一番の腕の見せ所であったりします










さてさて


長々とアクアリウムの話をしてしまいましたが







これは


”僕たちの身体の中でも


同じことが起きている”というと


興味が湧いてきませんか?







特に


腸内環境で考えると


一番わかりやすいのですが







僕たちの腸内を


”水槽”だとしましょう







水槽の中を


綺麗に保つためには


良いバクテリア(善玉菌)が必要でしたよね







腸内でも同じで


善玉菌がちゃんと繁殖してくれると







腸内に来た有害な物質を


ちゃんと分解してくれるのです







しかし


腸内に


バクテリアがあまりいなかったり


悪玉菌ばかりが繁殖していると







腸内(水槽内)は


白濁りしていたり


悪臭があったりと


良くない環境になってしまいます










なので


この前から開催していた


腸内環境のセミナーなどでも


お伝えしていたように







便が臭かったり


便が出にくかったりするのは


すでに腸内環境が悪くなっているサインなのです







綺麗な腸内(水槽)からは


ほとんど匂いもなければ


綺麗な便が出るはずなのです







僕たちの目的は


”生きること”ですが







”綺麗に生きるため”には







自分の身体という


水槽の中の状態を


綺麗に整えていく必要があるということです







腸内環境ひとつとっても


やるべきことはたくさんあります







まずは


身体の中に住んでくれている


菌達が過ごしやすいように







住居(身体の中の環境)を整えてあげて


その菌達と仲良くいい関係を築くことができれば







自ずと


僕たちの身体も


”ピカピカ”な水槽のように


輝いたものになると思うのです







そして


ピカピカな人が


過ごす人生は


当然ですが”ピカピカ”になるのです










そんな感じで


目には見えないかもしれないけれど







そういう


バクテリアレベルの側面までも意識しながら







身体を整えていったり


日々の生活を送っていくことで







少しずつでも


あなたの身体の中はより変化していきます







少し


水槽の水(身体の中)が濁ったくらいで







あなたの人生という


アクアリウムをあきらめずに


”ピカピカ”の水槽を目指してみて下さいね







僕は


アクアリウムの腕前は


まだ今一つですが







人体アクアリウム(笑)のことなら


いくらでもアドバイスできますので







どうしたらいいかわからないと


困っている方は


ぜひご相談下さいね~(笑








※むぎリウム(笑











※公式ラインはこちら☆  メルマガみたいな感じで  色々な情報をお伝えしています(たまに笑)

よかったら登録してね〜✨

























#オステオパシー #施術 #整体 #ホメオパシー #カイロプラクティック 

#自己治癒力 #自然治癒力 #自然医学 #量子力学 #滋賀県 #関西 #近畿 

最新記事

すべて表示